home > 眼瞼けいれん治療

眼瞼けいれん治療

眼瞼けいれんとは?

瞬きがうまくできなくなり、眼を開けづらくなる病気です

症状

眼がしょぼしょぼする、痛み、まぶしい、眼を閉じておいた方が楽眼を開けづらい

原因

原因不明の病気ですが、脳の神経回路の不調と推測されています。
発症のきっかけとしてストレス・薬物の使用・遺伝・加齢も関係あるとされています。


治療方法

ボツリヌス毒素療法(ボトックス)とは?

ボツリヌス菌が作る毒素には、神経に働いて筋肉の緊張を緩める働きがあります。目の周囲に注射すると、目を閉じようとする筋肉の緊張をやわらげることができます。眼瞼けいれんに対する有効率は約90%と言われています。

投与方法
  1. 注射する部位に印をつけます。
  2. 痛み止めの軟膏を塗り、注射する部位を冷やします。
  3. ごく細い針で注射します。
  4. 少し休んで頂いてから帰宅していただきます。

所要時間は約5分位です。冷やしたりする準備がありますので、お時間に余裕をもって来院してください。

副作用

眼の周りに皮下出血することがあります。
まれに眼瞼下垂・目が閉じにくい・目が乾く・流涙などを訴える方がいらっしゃいますが、薬が効きすぎているためで、時間がたつと気にならなくなってきます。

注射後の日常生活

当日は患部をもまないこと。洗眼・激しい運動・サウナなども控えた方がいいでしょう。

効果

注射後2~3日で効果が見られます。
効果のピークは約1か月です。
3~4か月で効果が薄れてきます。

費用

1割負担の方:5600円位
3割負担の方:17000円位 

遮光眼鏡やクラッチ眼鏡

まぶしさを防ぐために遮光眼鏡は有効です。瞼を持ち上げる眼鏡が有効なこともあります。

ボツリヌス注射療法よくある質問

Qボツリヌス菌と言われると怖いのですが。

Aボツリヌス菌から抽出,精製した毒素です。ボツリヌス菌が直接身体に入るわけではありません。

Q注射は痛いですか?

Aとても細い針で打ちますので、痛みは少ないです。

Q再発したら、打つことはできますか?

A3~4か月過ぎるとまばたきが多くなったり、まぶしいなどの症状が出てくることが多いです。再発したら注射できますのでご来院ください。

包眼科クリニック外観

医院名
つつみ眼科クリニック
医師名
堤 篤子
住所
〒179-0081
東京都練馬区北町2-22-8 サンテアネックス1F
電話
03-3933-0995
休診日
木・日曜日、祝・祭
交通
池袋から東武東上線15分 東武練馬駅南口徒歩1分