home > 院長ご挨拶

院長ご挨拶

院長 挨拶

東武練⾺の地で開業してはや30年以上たちました。
私は広島市出⾝、産婦⼈科開業医の娘です。⼩さいころから⽗が朝から晩まで仕事そしている姿を⾒て育ちました。夜遅く廊下を渡ってお産の患者様のところに⾏く⽗の姿が⽬に焼き付いています。家族には厳しいけれど、患者様には優しい⼈でした。⽗の影響で医師を⽬指しました。

東京⼥⼦医⼤を卒業後、⼥⼦医⼤眼科の内⽥幸男教授に師事し、眼科臨床を学びました。その後帝京⼤学に勉強に⾏かせていただき、丸尾敏夫教授、久保⽥伸枝教授のご指導で斜視弱視診療を学ぶことができました。その後⼥⼦医⼤に復帰し学位をいただくことができました。

⼦供が⼆⼈おり、仕事と家庭の両⽴に悩んでいたころ、⽗にそろそろ開業を考えてもいいのではと勧められました。そのアドバイスを聞いてすぐに住まいの近所にできた新しいビルの2階での開業を決めました。⽗は開院1か⽉前、開院を⾒ることなく亡くなりました。⻑い間⽗が残した診療⽤の椅⼦に座って仕事をしていました。こんなに仕事が好きなのは、⽗の姿を間近で⾒て育ったからなのかと思いました。

開業して10年を過ぎたころ、⾃分ひとりでできる治療に限界を感じ、どうにかしたいと思うようになりました。待ち時間の多い⼤学や病院に⾏っていただくことは患者様にとって⼤きな負担となります。⾃分のクリニックで治療できる疾患を増やすのにはどうすればよいかと考えました。

その頃⼥⼦医⼤勤務時代の後輩だった徳⽥芳浩先⽣が⽩内障⼿術の名⼿として知られるようになっておられ、まず徳⽥先⽣に⽩内障⼿術に来ていただくことにいたしました。そのご縁から次々と、緑内障・網膜・⻩斑疾患・眼瞼下垂⼿術と実⼒のある先⽣⽅に来ていただくことになったのです。

クリニックの成⻑と共に、診療に必要な広いスペースを求めて引越をしました。すべて東武練⾺駅の周辺で、今のクリニックは4ヶ所⽬となります。

息⼦たちも成⻑し、思いがけず⻑男が眼科医の妙医師と結婚しました。そして現在彼⼥は副院⻑としてクリニックの⼤⿊柱となりました。また増本美枝⼦先⽣も常勤に加わって、当院の戦⼒として活躍しております。

若くて実⼒のある先⽣⽅にいろいろと教えていただきながら、進歩する眼科学を学び続けたいと思っております。患者様にとって⼀番良いと思われる治療を提供できる存在でありたい、⾃分の孫だったら⾃分の親だったら?そんな親⾝な寄り添い⽅のできる医師であり、クリニックでありたいと願っております。
つつみ眼科クリニックをどうぞよろしくお願いいたします。

堤 篤子 医師(院長・日本眼科学会専門医)

堤 篤子 医師

出身地
  • 広島市
出身大学
  • 東京⼥⼦医⼤
趣味
  • 観劇とくにミュージカル・.宝塚。ジャズダンス
家族
  • 産婦⼈科医の夫・⻑男夫婦・次男夫婦・孫4⼈
経歴
1976年 東京女子医大卒業、東京女子医大眼科学教室に入局
1978年 帝京大学眼科学教室助手
1979年 東京女子医大眼科教室助手 斜視弱視外来担当
1984年 医学博士号取得
1988年 東武練馬にて開業
1989年 眼科専門医となる
所属学会
  • 日本眼科学会
  • 斜視弱視学会
  • 小児眼科学会
  • コンタクトレンズ学会
  • 日本眼内レンズ屈折手術学会
  • 日本眼科手術学会

包眼科クリニック外観

医院名
つつみ眼科クリニック
医師名
堤 篤子
住所
〒179-0081
東京都練馬区北町2-22-8 サンテアネックス1F
電話
03-3933-0995
休診日
木・日曜日、祝・祭
交通
池袋から東武東上線15分 東武練馬駅南口徒歩1分